〒640-8158 和歌山県 和歌山市
十二番丁75番地
電話&FAX:073-422-4703

ごはんのおかず "なめ味噌"

images

紀州金山寺味噌は、温かいご飯に添えたり、お酒、ビールなどの肴にと、重宝されてきた、そのまま食べるお味噌です。つまり調味料として用いるのではなくて、「おかず」「常備菜」として考案された言わば保存食です。

日本のお味噌の中では珍しく「米、大豆、裸麦」の穀物原料すべてに麹(こうじ)を附け、それに白瓜または真桑瓜・茄子・生姜・紫蘇など種々の野菜を漬け込み、長期間保存食品として機能する、大変画期的でしかも廉価な、庶民の食卓の常備菜であります。

当組合では、古より伝えられてきた製法を守り、「素材(原料)」、「製造工程(仕込)」「全量麹」などにこだわり、昔ながらの美味しい紀州金山寺味噌づくりを継承しております。

紀州金山寺味噌の定義

紀州味噌工業協同組合における、”紀州金山寺味噌の定義”は下記の通りです。

images

紀州の郷土料理として

紀州和歌山の郷土料理のひとつに「茶がゆ」があります。その際のおかずとして紀州金山寺味噌が重宝されてきて、現在でも高齢者や愛好者を中心に「紀州の茶がゆ」が愛され続けております。その相性の良さに「紀州金山寺味噌」が食卓に欠かせない一品となっております。



.